美容師年収問題 どのくらいの年収取れるの?

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない

美容師年収問題 どのくらいの年収取れるの?

美容師って労働時間が長い 夜が遅い、休みが少ないって一般の方からのイメージですよね

そんな美容師さんって一体いくらくらいお給料取れるのでしょうか?

美容師さんの平均年収が今284万と言われています

ざっくり月に23万〜24万くらいでしょうか?

これだともし家族を持つということになると、現実問題かなり厳しい額と言えます

一般企業の平均年収が400万円ほどといわれていることを踏まえると、美容師の収入は決して恵まれているとはいえません。

だいたい一般企業の方は月に直すと33万〜35万くらいでしょうか?

これだってもし子供二人なんて持ってしまったら、毎月大変ですよね!?

また、ひとくちに美容室といっても大手企業が運営する店舗から個人経営の店舗までさまざまであり、なかには福利厚生の制度が整っていない美容室もあります。

したがって、勤務先によって給料に差が出やすく、待遇面でもだいぶ異なってくるのが実情です。

こんなにドンって渡されたらたまんないですよね笑

もらえるような美容師になりたいものです・・・

僕も欲しい 誰かくれませんか?笑

次はどうやって美容師さんの年収を増やしていけるか考えましょう

だいたいの美容室が専門学校を経て、入社〜アシスタント〜スタイリスト〜役職・幹部

最終的に会社に残るか?独立するか?

そんなとこが美容師さんの今現在のキャリアプランでしょうか?

もちろん他にもやり方あるのでここでは代表的な例としてあげてみます

だいたい東京だと今最低賃金がありますので基本給は14万〜18万くらいでしょうか?

これに技術手当や残業代など含んで来たら支給額で17万〜19万くらいが相場

アシスタントの給与としてはどうでしょうか?

初級スタイリストは通常の基本給+歩合給のサロンで21万〜

中堅どころ100万前後で26万〜32万くらい?

売れっ子の常に200万以上あげるスタイリストで35万〜みたいな図式かな?

あとは役職給や幹部になることで昇給

店長の年収でいうと360万〜600万くらいでしょうか?

現実問題、

a 基本個人の売り上げを伸ばして増やしていく

b チームとして売り上げ目標を達成し配分される

c 店販(wax ドライヤーなど)を販売し賞与もらう

d    いま話題の副業解禁

こんなところが美容師さんのお給料の増やし方でしょうか?

オーナーは果たして儲かるのか?

僕がこの業界に入った20年前

美容業界はカリスマブームでした

ちょうどカラーの転換期 カラーブームに乗ってお客様が美容室に押し寄せ

メディアに美容師が「カリスマ」として登場してました

その頃はまだ美容室自体の件数も少なく出店すればお客様がいらっしゃるといった

サイクルで出店が可能でした

そのあとにホットペッパービューティーが出て来まして、掲載すれば1ヶ月100人以上の

集客が見込めるモンスター集客装置

格安店などは1ヶ月で1000人以上の来店が来るという時代でした

その頃の経営者の給与を見てみますと・・・

だいたい店舗を複数持って入れば800万〜1000万くらいの給与はザラだったんじゃ

ないでしょうか?

美容室経営者は大体がプレイヤー兼経営者

お店で一番の稼ぎ頭

売り上げも個人で上げるわ、お客様も来るわで一番いい時代でしたね!!

さて今はどうでしょうか?

時代は少子高齢化そして街に美容室が溢れかえっている・・・

20年 15年前とは件数が明らかに違います

1店舗あたりの客数が違くて当たり前です

売り上げは昔に比べたら絶対的に下がりますよね・・・

僕が仕入れた情報だとオーナーで20万くらいの給与の方もいます

もちろん開業当初はしょうがないかもしれませんが、何年経ってもこのままだと

オーナーとはいえモチベーション保てますでしょうか?

もちろん今の時代でもきちっと利益出している美容室なら1000万以上だって可能です

かなりの高低差があるんだと思います

稼げているオーナーとそうでないオーナー

売り上げている美容師とそうでない美容師・・・

かなりの二極化です

これからの時代に対して・・・

美容師さんの給与を増やすということだけを課題にしたならば・・・

値引きをなくす

フリーランスなど完全歩合

全員がスタイリストなどが挙げられるのではないでしょうか?

美容室の費用で一番のウエートは人件費です

その次に広告 家賃 材料などでしょうか?

美容師さんの生産性を上げていく=みんなが稼げる状態を作り出す

そんなことが必要になって来ると思います

あとは歩合率を上げていく 従来の形ではなくフリーランスや面貸しになればアシスタントの人件費がなくなります

従来の美容室のやり方はスタイリストとアシスタントで回していく

前の時代みたく200万 300万プレイヤーが多い時代はそれで良かったと思いますが

売上が上げ辛く求人難の今の時代だと従来型がなかなか通用しなくなっていると思います

美容室はあくまでもお客様✖️売上

この図式は変わらずで格安店と高級店が存在するからこそバランスが

取れているんだと思います

美容室ありすぎですよね笑

だから時代が変わっているのでその時代に合わせて業態も変えていかないといけないんだと

思います

給与体系の見直し 働き方・・・いろんな問題ありますがここで解決していかないと

いけない問題なんだと思います

今後の課題としては求人問題 どの業種もそうだと思いますが

美容師は前提として国家資格が必要です

ということは国家資格を持っている人しかなれない仕事

なり手がもともと少ないという点もハードルが上がるんだと思います

美容室のスタイリストはすごく頑張っています

たくさん練習し休日も講習などに参加して、全ては自己成長とお客様の笑顔の為・・・

もっともっとお給料お給料もらえる仕事にしたい

そう願った時にどんな手段があるのか?今後もっと掘り下げて考えていかないといけないと

思います

もちろん給与が安くたってプライド持ってやられている美容師さんはたくさんいます

僕も実際はそうでした

価値はお金だけではありません

だからこそもっと頑張れる状態にしたいからこそ業界の改革でまずは給与のところから

変えないとなと思います

全体の物価の割に美容室の施術は安いと感じてしまうのは何故でしょう?

小麦粉が上がればモノも値上げします

美容室はなんかそれをやっちゃいけない風土があるように思えます

だから適正な価格がちゃんと取れて見合う豊かさを手に入れれる業界にすれば

自然とまた人気の職業になれるんだと思います

美容は仕事です 個人の趣味ではありません

だから能力を上げ続ける努力は一人一人の義務だと思います

この生きづらい現実から、美容師さんが豊かになれる現実にシフトチェンジしませんか?

僕は美容師は稼げるそして「ありがとう」をたくさん言ってもらえる、

素晴らしい仕事だと思います!!

そんなことを考えながらこのblogを描いて見ました

お金の問題は捉え方もあるので不備がありましたらすみません

一人でも多くの美容師さんが豊かになれることを願ってこれからも

サロンワークに励もうと思います!!

takehisa

いつもブログを見ていただきありがとうございます
何か少しでも見てくれた方のプラスになれば嬉しいです

都内の中野 国立 中央線エリアでサロンを展開

http://www.salon-de-bika.com

若いスタッフと共にたくさんのチャレンジをしながら成長している経営者

2000年にはLONDON vidal sassoonに留学経験あり

帰国後国内でカラリストとしてキャリアを積みステージや講習会なども多数開催

月間400名以上の顧客を担当するも昨今は経営者としてシフトチェンジ

『チャレンジすること』

『周りの人もチャレンジすることには最大限のサポートをすること』を
モットーに日々悪戦苦闘しています

株)バンビーニでは一緒に働いてくれる仲間を随時募集しています

http://www.salon-de-bika.com/recruit.html

美容師として活躍したい

これからの時代に即した働き方

キャリアアップの仕方

海外などで働きたい

自分で起業したい

様々なあなたのやりたいに精一杯お応えしたいと思います 

そして僕にその夢聞かせてください 応援させてください!!

ぜひ一度お話ししましょう

https://www.facebook.com/take1977

http://www.salon-de-bika.com/recruit.html

https://www.instagram.com/takehisaomura/?hl=ja

お会いできるの楽しみにしています!!

僕たちの仲間になりませんか?

 

http://www.salon-de-bika.com

 

僕たちの仲間になりませんか?

バンビーニでは一緒に様々なチャレンジしてくれる方を募集しています

 

ぜひ一度、遊びに話を聞きに来てください

 

僕が今取り入れているコーチングの勉強も知りたい方いたらぜひ紹介します

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない

シェアする

フォローする