営業を経ていざカラーの道へ カラリストの卵になったあの日

シェアする

前回のブログが思った以上に反響がよくありがとうございます!!

美容と僕 20歳の頃の思い出 振り返れば失敗しかない(笑)

そして今思うこと・・

Google 20年後、あなたが望もうが、望むまいが現在の仕事のほとんどが機械によって代行される

全然考えてること違う(笑)

今日はその続き・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない

営業としてやりがいを感じていたあの頃・・・

その当時、ある組織 美容の会があってそこに所属していました そこの会長はすごくエネルギッシュで影響力あったの覚えています ある意味洗脳させるくらいすごい方でした    僕はその当時19歳 20歳になろうとしていた頃 かなり影響受けていたし、勉強させていただきました

システムようは仕組みの落とし込みをしていたんです

僕たち営業は材料を入れるのとサロン営業サポート

パーマ比率は平均で60〜90%とかでした!!この数字はホントすごい数字なんです

その仕組みの中で営業のサポート サロン周りをしたりミーティングなどさせていただいていたんです たくさんのオーナーさんとの出会い そして幹部の方の想いなど聞けたこと 何よりその仕組みを近くで学べたこと 会長の考えを身近に聞けて可愛がってもらったこと・・・

ずっとこんなことが続けばって思ってました・・・

ただ実際は違っていました 時代が変わりつつあったんです

営業の時は飛び込み営業もしたし、休みなく3ヶ月働いてそれも連日ラーメンばかりで栄養の偏りあったんでしょうね・・・ 後にも先にもないのですが食事中に気持ち悪くなり吐いたり顔にブツブツができたりしていました・・・ 皆さんも栄養と睡眠はきちんと取りましょう笑

カラリスト誕生の瞬間

お店は順調に回復していました 仕組みのパワーは本当にすごいと感じた瞬間

その当時サロンではカラーの研修があったんです 本当は先輩が行く予定でしたが怪我で断念一番暇そうだということで僕が行くことになったんです

その会社も社運をかけていた大勝負 hoyuさんのカラリスト養成セミナー0期生です

プロマスターという美容界の財産とも言えるカラーが産声を上げる瞬間 そんな薬剤のテストや開発に携わらせていただけたこと・・・本当に感謝です

そして2泊3日の泊まりのセミナー

衝撃でした!!

初めて知った分業制 LONDONではカッターとカラリストがいるということ

kakimoto armsさんの同じ年のカラリストとの出会い これがまた僕とは違いプロ意識が高すぎでした 毎日モデルを連れて練習しないと帰れない お客さんじゃなくてどんな場面もお客様・・・僕は何をやっていたんだろう 何を粋がっていたんだろうとそんな思いになりました

カラリスト 素晴らしい仕事だと そしてこれからカラーブームが絶対に来ると確信できたセミナーでした カラーで女性が素晴らしく輝くんです 単純にすごいって思いました

早速サロンに帰って打診しようと思いました

サロンでのカラリスト スタイリストの戦い

今ならわかります 当時は進むことしか考えれなくて全く相手の思いが理解できませんでしたあの頃に帰り謝りたいです笑

当時まだ僕は20歳

スタイリストは幹部の方達、そしてみんな5個以上は離れている先輩ばかり・・・

お客様の前で三者でカウンセリングしていこうと話し合ってました

ただ実際はもちろん任せてはもらえず、カラーの調合室で聞かれるだけの毎日

当時若手でカラリストチームを結成していたがみんな同じ これはどこかで突破していかないといけないって感じてました

そこから僕たちの革命とも言える戦いの日々が始まりました

お客様でカラーの予約がある人のカウンセリングには必ず後ろについてました まるでストーカー笑 カラーブックなど作り毎週一回はカラーの勉強会を開いて教えながら僕たちはできるんだってところを見せつけました そして火曜の休みはカラーの講習に必ず出て・・・

そんなことを何ヶ月も繰り返していたらお客様からも評価を得てリピートのお客様から指名がもらえるようになり、知識も増えそして数字も前年の130% 150%と増えていきました

当時安室奈美恵さんの髪色がブームとなりどうやってるのかなと試行錯誤しました

サロンのスタッフには全員実験台になってもらい、モデルさん呼んでは日々夜中までやり続けよくわからないけど終いにはタクシー代を出す始末笑 そんな日々を過ごしていました

そんな中出会ってしまったんです

当時の美容ディーラーさんに聞いてみたらなんとその方の営業先の方が安室奈美恵さんのカラーをしている・・・会いたいと思って思い切ってオファーも出しました

その方の講習にも毎回参加しました

そんな中でコンテストにも出場したんです 後にも先にもこれ一度きり

海外のVIDAL SASSOONのヘアカラーです もちろんSASSOONはカラリストの歴史も長く素晴らしいんです 衝撃でした 海外のカラー セクションカラー 薬剤への精通・・・

安室さんのカラリストもVIDAL SASSOONに行かれていた方でした

学んで行くうちに日々LONDONへの思いが強くなるばかりの21歳の秋でした

その当時は元営業の先輩三人と国立にサロンを構えたばかりの時期・・・

ちょうど1999年です・・・

なんか安室ちゃんが同じ年で40歳を区切りに引退を表明しました

そんな中、自分の今までを書き残したいなと思ったのです・・・

安室奈美恵 衝撃の引退発表!!『私らしく 2018年9月16日を迎えたいと思います。』

takehisa

いつもブログを見ていただきありがとうございます
何か少しでも見てくれた方のプラスになれば嬉しいです

都内の中野 国立 中央線エリアでサロンを展開

http://www.salon-de-bika.com

若いスタッフと共にたくさんのチャレンジをしながら成長している経営者

2000年にはLONDON vidal sassoonに留学経験あり

帰国後国内でカラリストとしてキャリアを積みステージや講習会なども多数開催

月間400名以上の顧客を担当するも昨今は経営者としてシフトチェンジ

『チャレンジすること』

『周りの人もチャレンジすることには最大限のサポートをすること』を
モットーに日々悪戦苦闘しています

株)バンビーニでは一緒に働いてくれる仲間を随時募集しています

http://www.salon-de-bika.com/recruit.html

美容師として活躍したい

これからの時代に即した働き方

キャリアアップの仕方

海外などで働きたい

自分で起業したい

様々なあなたのやりたいに精一杯お応えしたいと思います 

そして僕にその夢聞かせてください 応援させてください!!

ぜひ一度お話ししましょう

https://www.facebook.com/take1977

http://www.salon-de-bika.com/recruit.html

https://www.instagram.com/takehisaomura/?hl=ja

お会いできるの楽しみにしています!!

僕たちの仲間になりませんか?

 

http://www.salon-de-bika.com

 

僕たちの仲間になりませんか?

バンビーニでは一緒に様々なチャレンジしてくれる方を募集しています

 

ぜひ一度、遊びに話を聞きに来てください

 

僕が今取り入れているコーチングの勉強も知りたい方いたらぜひ紹介します

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない

シェアする

フォローする