『当たり前』のライフスタイル 物の見方そして基準や視点って? 

シェアする

今のライフスタイル

便利な世の中・・・

全て『当たり前』なんです

今日松乃屋で夜ご飯を食べました 意外と混んでいて待ち時間が結構あった

松屋さんに入ったらきっと5分以内に出てくる そんな『当たり前』が身についていて

10分以上待つと何だか待たされた気がしてしまう・・・

もうすでにこの手のご飯屋さんに入ったら5分くらいが一つの基準 視点 物の見方になっている自分に怖いなと感じてしまいました

そんな基準ってそもそもどこから生まれるんでしょうね・・・?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない

生きている世界で基準が違う

人は生きている世界があります それは人によってステージが違う

ライフスタイル見たら何となくですがわかりますよね?

人は自分の今いるステージによって自分のルールが違うんです

無意識のうちに人はたくさんの情報を得て判断しているはずです その時に選択する基準があるはず

その基準のもとは生きて来た世界 きっと子供の頃からの体験であったり生きてきた成功体験そして失敗の体験、人により様々あると思います

人は意識して行うことと無意識で行うこと 二つの選択基準を持っているんです

体験から通して行うこと 考えて行うこと

そんなことから選択する基準が各々生まれているんだろうと思います

そして今自分がいる世界

わかりやすいところだと、お金持ちと貧乏の基準って違くないですか? 時間にしてもお店を選ぶことにしても・・・それってやっぱり体験が強いのかもしれませんね

だからお金持ちになれとかじゃなくて、生きる世界を上げて行くこと、付き合う人 環境を変えること 自分の価値観を変えること・・・

でも自分基準ってなかなか変えれないんですよね笑

正義が邪魔をする!?

自分の決めたマイルール

このマイルールが厄介なんです・・・

このマイルールがあるから一歩踏み出せないこともある

自分のマイルールがあることによって孤独になることだってある

人は自分のルール(正義)を侵されるとムカついてしまうんです!!

だからこの正義ってすごく邪魔 ここの壁を取っ払うことで広がる世界があるんですよ

先ほども書いたように「人は無意識で行動するんです」

その時このマイルールが結構発揮されます

この正義・・・少し横に置いてちょっと違う考えなど入れる努力して見てもいいかもですよ

きっとライフスタイルの中での物の見方が変わりませんか?

そのときの視点って変わりませんか?

基準だって変わりませんか?

正義が強いと人はこう動くという『当たり前』に思って人を見るようになりやすいんじゃないかと思うんです

これってストレスになりやすい

人は自分の思う通りなんかに動かないのだから・・・

自分の中の正義が少し必要になる時があります

正義が必要な時はきっと物事を推し進める時くらい その正義がなければ物事の困難などにぶつかったときに跳ね返せなくなりますから・・・

それ以外は少し邪魔になりやすいんじゃないかな・・・

「〜は〜であるべきである」こんなルールは人に押し付けない方がいいんじゃないかな

だからこのルールをうまくコントロールして変えていき、自分の生きるステージもついでに上げちゃいましょう!!

ライフスタイルの中での当たり前

ライフスタイルの中での当たり前の基準がかなり上がってきました

例えばAmazon

今はAmazon primeを使えば翌日配送 なんだったら

映画なども見れちゃう!!

これってもう当たり前になっちゃってませんか?

昔は申し込みしてから結構来るまでにかかりましたよね・・・

その間のワクワクだって楽しかったはず

今は逆に次の日来てないと不安になりません?これって当たり前の基準が上がってるんです そして服など買うと大体が送料5000円以上で無料・・・これも基準が上がってしまった僕らからしたらちょっと・・・って思ってしまいません!?

このルールを作ったamazonってやっぱりすごいよね

業界の昔からのしきたりや固定概念が通用しなくなってる というよりどんどん新しいルールが出来上がっているから僕たちがアジャストして合わせないと置いていかれちゃうんですよね

これってすごく危険

だから見る目を変えなきゃなんです 「視点」

上からみて大きく見る視点

下から上を見上げて見る視点

どちらも必要 大きく見ていかないと全体像や向かう先がわからなくなる でも時として身近な細かいところを注力して変えていかないといけないときだってきっとある

どちらが偉いとかじゃなくてようはバランスなんです!!

うちは美容を営んでいます

だから業界の基準ばかりで話をするのではなくお客様基準で話す

時流にアジャストしていく

そんなことがとても大切になって来ている気がします

ここを間違えてしまうと間違いなく生き残れない そんな厳しい時代何だってこと・・・・

駅には切符を切る人はいなくなりました

カードにお金を入れてタッチパネルで通るんです

それは買い物にも使えて便利なんです

ライフスタイルの中での変化

物の見方

そして基準や視点・・・

僕たちは今すごい間に生きています

きっとこれからも時代にアジャストして生きながら、基準や視点を変えてライフスタイルの中にいろんなものを取り入れていくんでしょうね!!

この当たり前や物の見方

これからもどんどん変化していくことになりそうです

Instagram salon de bika

hair make carina

takehisa

いつもブログを見ていただきありがとうございます
何か少しでも見てくれた方のプラスになれば嬉しいです

都内の中野 国立 中央線エリアでサロンを展開

http://www.salon-de-bika.com

若いスタッフと共にたくさんのチャレンジをしながら成長している経営者

2000年にはLONDON vidal sassoonに留学経験あり

帰国後国内でカラリストとしてキャリアを積みステージや講習会なども多数開催

月間400名以上の顧客を担当するも昨今は経営者としてシフトチェンジ

『チャレンジすること』

『周りの人もチャレンジすることには最大限のサポートをすること』を
モットーに日々悪戦苦闘しています

株)バンビーニでは一緒に働いてくれる仲間を随時募集しています

http://www.salon-de-bika.com/recruit.html

美容師として活躍したい

これからの時代に即した働き方

キャリアアップの仕方

海外などで働きたい

自分で起業したい

様々なあなたのやりたいに精一杯お応えしたいと思います 

そして僕にその夢聞かせてください 応援させてください!!

ぜひ一度お話ししましょう

https://www.facebook.com/take1977

http://www.salon-de-bika.com/recruit.html

https://www.instagram.com/takehisaomura/?hl=ja

お会いできるの楽しみにしています!!

僕たちの仲間になりませんか?

 

http://www.salon-de-bika.com

 

僕たちの仲間になりませんか?

バンビーニでは一緒に様々なチャレンジしてくれる方を募集しています

 

ぜひ一度、遊びに話を聞きに来てください

 

僕が今取り入れているコーチングの勉強も知りたい方いたらぜひ紹介します

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない

シェアする

フォローする