フィギアスケート女子 男子 オリンピックに選ばれるのは⁉️

シェアする

いよいよ今年もこのシーズンがやってきました!!

「フィギアスケート」

来年は平昌オリンピックもありオリンピックイヤーとなる今年のグランプリシリーズ GP

注目のあの選手から今後の展望、そしてオリンピック

果たしてどんなドラマがオリンピックまであるのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない

2018年平昌オリンピックのフィギュアスケート

いよいよ来年に迫った平昌オリンピック!!

どんなドラマが待っているか!?そしてどんな新生が誕生するか 楽しみですね!!

オリンピックは各国 大会成績などで出場枠が決まっています

男子はアメリカ 日本が3枠 女子は2枠となっています 今回はペアは惜しくも出場を逃してしまいました

女子に関しては3枠→2枠 これは非常に狭き門になってきています

これは実際にどんな影響を今後受けて行くのでしょうか?

女子フィギュア五輪出場枠が「2枠」に減った影響とは?

昨年世界選手権で優勝したロシアの絶対女王、 エフゲーニャ・メドベージェワ(17)を筆頭に上位3人が210点を超えるという高度なレベルへと進化している女子フィギュア界に誰が立ち向かうのかが、オリンピックの最大の焦点になりそうです

対する日本勢は宮原知子・三原舞依・樋口新葉・そして本田真凛の4選手がパーソナルベスト200点台を超えておりどんどん更新している逸材だ

何故今回の2枠が残念なのかというと・・5年後の2022年北京冬季五輪への不安だ。

「3枠があれば、平昌五輪でメダルが取れる可能性が低くとも、次の北京五輪でピークを迎える若手選手が3人目として選ばれ、価値のある経験を得る可能性がありました。フィギュアは採点競技ですから、ジャッジのベースとなる評価を得ておくという利点もあります。でも2枠となれば、そういう選考の余裕はなくなります。日本フィギュア界の長期ビジョンで考えれば、その点が残念です」と中庭氏。

今の日本選手はとにかく若い世代が特に元気なのだ!!

2枠となるとベテラン枠と若手枠などの組み合わせがなかなかしづらくなる

今回の2枠に関しては十二月の全日本選手権後に決まるがとても熾烈な争いが待っていて  今後この争いもとても興味深いものになりそうな気がします

それだけ日本のレベルが上がってきている・・・日本女子も悲願達成なるか?

そんなことが焦点になりそうで楽しみです

対して日本男子はどう迎え撃つ?

羽生結弦がショートプログラム(SP)世界歴代最高得点となる112・72点を出した。

これは今年記憶に新しいニュースであろう

羽生はフリーでも世界最高得点をたたき出している 構成の中に4回転ジャンプを4回も入れている演技構成でした

そして宇野昌磨

グランプリシリーズは第2戦からの出場になるが、「演技でしっかりと攻める」と豪語している この二人がまずはオリンピック当確の選手

世界の選手たちも日本の選手に追いつき追い越せで切磋琢磨しています

羽生結弦はジャンプ構成などもどんどんここにきて変化させてきています

これから日本の2人がどんな変化をし、成長して行くのかがとても楽しみですしメダル候補でもあるので期待したいところです

オリンピックメダル候補選手 男子

何と言っても、カナダの虎の穴「トロント・クリケットクラブ」を拠点とし、金メダリスト請負人のブライアン・オーサーコーチの下にいる羽生結弦選手とハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)が最注目です。

羽生結弦選手については、言わずもがなという感じもしますが、現時点での世界王者と言えます。

次に注目する選手はネイサン・チェン選手と宇野昌磨選手です。

ネイサン選手はアクセルの除く5種類の4回転ジャンプを跳べることです。フリーでは4回転ジャンプを5回組み込む構成で公式大会では世界初と言われております。

宇野昌磨選手は、2017年の世界選手権銀メダル、グランプリファイナルでは2015年、2016年の銅メダリストです。また昨シーズンの全日本フィギュアでは優勝してます。
彼の武器も4回転ジャンプで、アクセル、ルッツを除く4種類の4回転ジャンプ(サルコウ、トゥループ、ループ、フリップ)を跳びます。特にフリップを得意としており、4回転フリップー3回転トゥループのコンビネーションは高得点が狙えるエレメンツです。

女子は大混戦 注目選手を探せ!

日本勢筆頭はやはり国際大会実績抜群の宮原知子選手です。怪我の状況は心配されますが万全な状態で出てきてほしいです

日本勢の二番手は誰なのか?

本田真凛選手は世界ジュニア選手権で2016年金メダル、2017年銀メダルで、いよいよ今シーズンからシニアデビューとなります。大きな大会で力を発揮する勝負強さが魅力の一つ

樋口新葉選手は世界ジュニア選手権で2015年、2016年と銅メダルで、昨シーズンからシニアデビューしてます

現時点では宮原選手の後を追う若手の筆頭です。

ロシア勢は非常に選手層が厚く強い選手が大勢いますが、ここ最近頭一つ抜けているのがメドベージェワ選手です。

世界選手権では2016年、2017年と連続金メダル、グランプリファイナルでも2015年、2016年と連続の金メダルは圧巻です。年齢的にもまだ若く、平昌オリンピックの金メダル最有力候補と言えるかもしれません。

今後どんなグランプリシリーズを迎え、男子 女子とも注目選手が誕生しドラマが生まれるか?

オリンピックイヤー ぜひ注目して今冬は見ていきたい!!

takehisa

いつもブログを見ていただきありがとうございます
何か少しでも見てくれた方のプラスになれば嬉しいです

都内の中野 国立 中央線エリアでサロンを展開

http://www.salon-de-bika.com

若いスタッフと共にたくさんのチャレンジをしながら成長している経営者

2000年にはLONDON vidal sassoonに留学経験あり

帰国後国内でカラリストとしてキャリアを積みステージや講習会なども多数開催

月間400名以上の顧客を担当するも昨今は経営者としてシフトチェンジ

『チャレンジすること』

『周りの人もチャレンジすることには最大限のサポートをすること』を
モットーに日々悪戦苦闘しています

株)バンビーニでは一緒に働いてくれる仲間を随時募集しています

http://www.salon-de-bika.com/recruit.html

美容師として活躍したい

これからの時代に即した働き方

キャリアアップの仕方

海外などで働きたい

自分で起業したい

様々なあなたのやりたいに精一杯お応えしたいと思います 

そして僕にその夢聞かせてください 応援させてください!!

ぜひ一度お話ししましょう

https://www.facebook.com/take1977

http://www.salon-de-bika.com/recruit.html

https://www.instagram.com/takehisaomura/?hl=ja

お会いできるの楽しみにしています!!

僕たちの仲間になりませんか?

 

http://www.salon-de-bika.com

 

僕たちの仲間になりませんか?

バンビーニでは一緒に様々なチャレンジしてくれる方を募集しています

 

ぜひ一度、遊びに話を聞きに来てください

 

僕が今取り入れているコーチングの勉強も知りたい方いたらぜひ紹介します

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない
スポンサーリンク
2018年のオンライン集客はインスタグラムなしには始まらない

シェアする

フォローする