スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちら読んで見てください

他人事ではない・・・自分の仕事がなくなる未来 その時美容師は!?

結局いつの時代も必要とされるのは決まっています 人々が欲しているもの だからそれをどれだけ供給できるかどうか・・・ 時代は確実に変わります だけど変わると聞いていてもあまり信じれない何処かで他人事の人も多くいるようです 「自分は大丈夫」 それではこれからの時代乗り切れないし乗り遅れちゃうかもしれません だから僕たちも人と人とのつながりを大事にするためにコミュニケーションを学ばないと行けないのかもしれませんね

闘将 星野仙一 「野球と恋愛してよかった」最後まで貫いた野球愛&夢

「ずっと野球と恋愛をしてきてよかった。もっともっと、野球に恋をしたい」。昨年11月28日、東京都内であった野球殿堂入りの祝賀会で、星野仙一さんは熱っぽく語っていた。それからわずか1カ月で悲報が届くとは、約1100人の出席者は一人として思わなかっただろう。

『成人式』振袖姿が美しい・・・今年の女性芸能人が豪華すぎる!! 

ニコルは生放送前、「成人式の日です。私はヒルナンデスのため式にはでれないのですがヒルナンで着物着ます 昨日買ったお花たちももったし今日一日がんばります。成人の皆様おめでとうございます」と、新成人たちへのメッセージとともに式に欠席することを明かした。

あの時を忘れない・・・超えられない試練を神様は人に与えないのだ

先ほど 緊急地震速報の音がスマートフォンからなりました 久しぶりのあの音でびっくりしたのと大きな地震でなくほっとしましたが、改めて何が起こるかわからない世の中なんだなと思いました 東日本大震災からもう7年が経とうとしています・・・

2018年明けましておめでとうございます 今年はどんな一年にしますか?

僕は美容師をずっとやってきました 汗かいて働くこと身体を動かすことが全てで正しいと思ってました それは今もこれからももちろん正しいんです それが全て ただインターネットがビジネスを変えたとよく聞いてはいたけど、それがどんなことかはわかりませんでした webは確かに僕たちの生活にもう欠かせることができませんよね?

LONDONでの日々 そしてその先の技術に明け暮れた生活

僕は揺れていました 三人で国立店をOPENし軌道に乗せて頑張っていたあの頃  当時、DADAがサロンをOPEN 僕はたまたま植村さんのカットを見る機会がありそこでやられました・・・  LONDONに行きたい・・・ あんな風に上手くなりたい  そんな思いが頭を交差するようになりました

2017年仕事納め 今年も一年関わってくれた方ありがとうございました

美容師の匠の技術そしてホスピタリティ バランスよく融合していければ絶対に人気美容師になれると信じています 美容師は本気でやれば決して稼げない職業じゃない ただ本気な人が少ないだけなんだと思う お客様の節目に携われ、人生を共にするようなパートナーにもなれる 素晴らしく奥の深い仕事だと今でも思います

営業を経ていざカラーの道へ カラリストの卵になったあの日

安室さんのカラリストもVIDAL SASSOONに行かれていた方でした 学んで行くうちに日々LONDONへの思いが強くなるばかりの21歳の秋でした その当時は元営業の先輩三人と国立にサロンを構えたばかりの時期・・・ ちょうど1999年です・・・ 安室ちゃんが同じ年で40歳を区切りに引退を表明しました 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク