美容一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちら読んで見てください

お金で買う健康。治療よりも予防を。サプリメントと食生活のバランスを

◆保水力 ◆肌のハリ ◆肌のうるおい ◆美肌効果 ◆炎症の抑制 ◆生活習慣病 ◆肌の再生 ◆肌の老化を抑える ◆変形性関節症を緩和 ◆新陳代謝の向上 ◆シミを減らす ◆シワを目立たなくさせる といった様々なことに 効果がある成分です。 プロフィルはプロテオグリカンが配合されているからこそ

これからの時代の稼ぎ方 本業と副業のバランス 美容師らしくあるために

全ての職業の方がその職種を思いっきり力を注ぐ環境を作るために・・・・ 新たなる考え方をこれからの時代は取り入れて行くのも手じゃないでしょうか? 稼げる時代はあと2年 生活保護受給額も2018年10月から67%の世帯が減額になります ますます単身女性 貧困女子が増えて行くように思えます 時代のスピードはますます加速するばかり・・・ 僕たちは変わり続けないといけない世代なのかもしれませんね・・・

他人事ではない・・・自分の仕事がなくなる未来 その時美容師は!?

結局いつの時代も必要とされるのは決まっています 人々が欲しているもの だからそれをどれだけ供給できるかどうか・・・ 時代は確実に変わります だけど変わると聞いていてもあまり信じれない何処かで他人事の人も多くいるようです 「自分は大丈夫」 それではこれからの時代乗り切れないし乗り遅れちゃうかもしれません だから僕たちも人と人とのつながりを大事にするためにコミュニケーションを学ばないと行けないのかもしれませんね

LONDONでの日々 そしてその先の技術に明け暮れた生活

僕は揺れていました 三人で国立店をOPENし軌道に乗せて頑張っていたあの頃  当時、DADAがサロンをOPEN 僕はたまたま植村さんのカットを見る機会がありそこでやられました・・・  LONDONに行きたい・・・ あんな風に上手くなりたい  そんな思いが頭を交差するようになりました

営業を経ていざカラーの道へ カラリストの卵になったあの日

安室さんのカラリストもVIDAL SASSOONに行かれていた方でした 学んで行くうちに日々LONDONへの思いが強くなるばかりの21歳の秋でした その当時は元営業の先輩三人と国立にサロンを構えたばかりの時期・・・ ちょうど1999年です・・・ 安室ちゃんが同じ年で40歳を区切りに引退を表明しました 

アジアにチャンスあり!?美容ビジネスの展望と考え そして大切なのは仲間の存在

僕がちょうど17年前ロンドンにいた時、日本ではカリスマブーム到来  美容室にお客様が押し寄せる 店舗を創れば必ず流行る  次第に美容ブームが去り、美容室のオーバーストア化 求人が取れなくなり 100万円スタイリストが誕生しにくくなるという状況 少子高齢化 SNSが集客の中心になり取り巻く環境が急激に5年で変わりました

美容室経営 大変換期 これからの稼ぎ方と働き方 これからの未来って?

僕が育った20代は美容師ブーム カリスマブームに乗って絶好調な時代でしたただ昨今は指名売上100万がゴールみたいな現象とそれ以上の数字というのは実際に考えにくい状況になっています 雇用される 面貸し フリーランス 業務委託・・・どれをおいても一長一短です

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク